エルジェベートの由来


「ハンガリー水」という古いレシピの化粧水があったそうです。


14世紀、ハンガリー王妃エリザベートI世は王である夫をなくし、
王妃として国政をおこなっていました。
70歳になる王妃は日増しに容貌の衰えを感じ、またリウマチの痛みにも悩まされていました。
そのような王妃のために、国民から様々な贈り物が届けられるようになり、
その中に修道院の尼僧が王妃のために作ったハンガリー水がありました。
これが世界最古の香水、若返りの化粧水と後によばれる物です。

王妃はハンガリー水を毎日入浴、洗顔、化粧水として使用していましたが、
しばらくするとリウマチの痛みが消え、その上みるみる若返ってきたと
召使いたちに驚かれるようになりました。
その後、驚くほど若返った王妃に一目ぼれした隣国のポーランド王子から
プロポーズされたという事です。 このプロポーズ当時王子はなんと二十代。


それ以来、ヨーロッパの女性には「若返りの水」
として使用されるようになりました。


「究極のアンチエイジング」ということなので、
この逸話を思い出し、ハンガリー王妃にあやかって命名しました。


「エルジェベート」とは「エリザベート」のハンガリー読みです。
エリザベートI世は元はポーランド出身で「エルジュビェタ」
(エリザベートのポーランド読み)という名前だったので
「エルジュビェタ」でもいいかな、と思ったのですが、

ハンガリー水の話は彼女がハンガリー王妃になってからの事なのであえて
「エルジェベート」とハンガリー名で決定となりました。