フラーレンとは?フラーレンって何?




フラーレンとは?

フラーレンは、ダイヤモンドと同じ炭素の同素体(同一元素だけで構成される分子)です。 フラーレンの構造を推定した博士たちは、その功績により 1996 年のノーベル化学賞を受賞しました。 よく調べてみると、地球上にもフラーレンは存在しており、中国の高級墨や岩盤浴などでも使用され ているブラックシリカ、備長炭、ローソクの炭などにも含まれていることがわかりました。 フラーレンの高い抗酸化力による美容効果は、美白に始まり、エイジングケア、紫外線防御、 シワ、ニキビ、レーザーケアなど多岐にわたります。






ビタミン C やビタミン E に代表されるような抗酸化剤は、ある特定の活性酸素に対して反応が高いと いうことがわかっていますが、フラーレンは代表的 なフリーラジカル(=活性酸素を除去する事)に満遍なく効果を発揮します。 その効果はビタミン C の 172 倍。 高い抗酸化力はフラーレンの特長の1つです。






色々と難しい事が書いてありますが、
つまり活性酸素が紫外線によってお肌の中に産生されると
お肌の中で色々悪さをする訳です。
そして、そのような不健康なお肌の状態が続くと






さらに
抗酸化成分として有名なのがビタミンCですが、
ビタミンCは一度しか活性酸素を除去できないのです。






しかし
フラーレンは付けている間ずっと活性酸素を除去し続けます。






すごいですね。


さらに
コラーゲンをお肌に塗っても意味ないのです。お肌の中で
コラーゲンを産生させる事が必要です。実はコラーゲンの産生に
必要なのがビタミンCなのです。
しかし、そのビタミンCが活性酸素の除去に使われてしまうとコラーゲン産生に
まわるビタミンCが無くなってしまします。







これならどうでしょう?








答えは








このようにフラーレンは全ての原因である活性酸素を
除去してしまうので徹底的にお肌を若々しく健康美肌へ
と導くのです。

そしてアプローチが違うため、白班などの問題も起こさない
非常に安全で優れた成分です。
また、その非常に強い抗酸化力が注目され、化粧品分野だけでなく、
抗がん剤などへの応用など医療分野や工業分野での応用も期待されている新しく未来のある成分です。